社長あいさつ

私には財産があります!それは『人』です。
私は大学を卒業し住宅メーカーの営業として働きました。同期で一番早く成果を出したいと思う願いとは真逆の結果で新築を受注できるまで約1年掛かりました。人によって違うとは思いますが私の場合は成果を出したいと自分の欲求が前面に出ていたのだと思います。会社の職場にもなじめず、成果も無い私に転機を与えてくれたのはお客様でした。初めてご成約頂いたお客様は私に都内のマンション売却・土地の購入・新築と全てのことを任せてくれました。そのことが嬉しくまた後にそのことへの責任の重さを知りました。売却した際の税金をはじめ、様々な諸経費・建築知識等勉強しました。
住宅というひとつの一大事業はお客様は勿論、設計・工事・施工会社の全ての人たちの協力が無ければ成り立ちません。今でもお世話になったお客様、当時のスタッフとお付き合いさせていただいており、私にとってかけがえの無い人たちです。
とても居心地の良い会社でしたがどうしても自分のことは自分で決めたいという願望が強くなってしまい会社を辞め実家の家業である水道工事会社(社員は1人でしたが・・)を30歳の区切りに私と考えを共にしてくれる前会社の先輩と引継ぎ始めました。ここでも成功したいという願望が強くありましたが何よりも人が大切であり人の役に立つことを最優先に考えました。水道事業はその考えに沿った人が生活していく中で必要不可欠なもののひとつであり、また下水道事業は環境汚染抑制にも繋がります。
まず仕事をする上で人に喜ばれる、役に立つ仕事でなければ長くは続かないと私は思います。
今の時代、建築業界は人手不足といわれていますが私はそうは思いません。どの業界においても、うまくいっている会社にはそれだけの魅力があり人は集まってくるものだと思います。
これからの時代、利益・成果の追求ではなく社内の人間環境・社員の生活環境の充実が大切だと思います。
その良好な環境が100年以上続くことが目標であり、それが信頼して頂けるお客様への恩返しだと思います。
今後もそのことを念頭に会社全員で頑張っていく所存ですので何卒宜しく御願い申しあげます。

代表取締役 宮崎 元希